MENU

まんこのかゆみがある場合に考えられることは?

暑い季節など、たくさん汗をかいた時は誰でも、まんこに多少のかゆみを感じることもあるものです。また、生理中にナプキンが原因で蒸れたりかぶれたりして、かゆみを感じることもあります。しかし、正常であれば特にかゆみが長く続くことはありません。

 

また、かゆみも感じつつまんこくさいのが気になる場合もあります。原因は色々考えられるのですが、洗い方が間違っている為にこういった症状が出ている場合もあります。汗や尿、汚れ、垢が付着する部位であり、入り組んだ構造になっている為、上手く洗いにくいのです。その為、雑菌が増え不快な症状が出てくるのです。

 

カンジタ膣炎について

カンジタ膣炎になると、おりものに異常が見られたり、まんこがかゆくなったりヒリヒリしたりします。健康な女性であれば、半透明の粘り気があるおりものだったり白っぽいおりものが出るのですが、カンジタ膣炎になるとカッテージチーズのようなものが出るようになります。この病気は、性感染症ではありません。抗生物質を服用した時にもなることがありますし、体が疲れていたり寝不足、ストレスなどでもなることがあります。

 

カンジタ膣炎は珍しくない病気です。ちょっとの不快感であれば、放置していてもその内改善するのですが、症状が続いたり悪化するような時は早めに医療機関に足を運んでください。

 

 

生理中はカンジタをぶりかえしやすい?

生理中は、経血のにおいも気になりますし、スソワキガのにおいが強くなりやすい時期でもあります。また、生理前になると女性ホルモンの関係で膣内が酸性化します。すると、カンジタ菌が増えやすくなります。カンジタを予防する為には、通気性が悪く締め付けのキツい下着は避けましょう。湿気があると菌が増えやすくなりますので、ナプキンもこまめに交換してください。

 

 

トリコモナス膣炎について

トリコモナス膣炎とは、外陰部に激しい痒みが感じられ、ただれたりすることもある病気です。膣内が熱く感じられることもよくあります。

 

おりものは生臭いにおいを放ち、緑色や黄色で泡が混じっています。この病気は、トリコモナス原虫が寄生したことで起こるもので、膣内や膀胱にまで炎症が広がることも少なくありません。おしっこをする時に膀胱に強い痛みを感じることもあります。

 

トリコモナス膣炎は、年齢問わず発症しますし感染ルートも性交渉に限りません。トイレの便座やお風呂、タオルなどからも感染することがあります。また特徴として一度発症すると、再発しやすく治療するのが難しくなると言われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ