MENU

まんこの臭いのチェック方法は?

男女を問わず、においに敏感になっている時代です。その為、本当はくさくないのに、くさいのではないかと過度に心配している人も少なくありません。しかしながら、実際に不快なにおいを放っている方がいるのも事実です。まんこくさいと言わざるを得ない女性はいます。でも、においが気になる方も大丈夫。正しい洗い方にしたり、デオドラントアイテムを使ったりするなどして対処することもできますし、場合によってはクリニックで治療を受けることも可能です。

 

誰も、好きで不快なにおいをさせているわけではありません。遺伝など体質もありますし、誰も悪くはないのです。まずは、まんこくさいか少しチェックをしてみてください。

 

まんこくさいかチェックしてみよう

以下のことに当てはまる方は、まんこくさい可能性があります。

 

  1. 下着にいつも黄色いシミが付いている(私達の汗腺は2つあります。その内、アポクリン汗腺から分泌される汗がスソワキガの原因になります。この汗は、黄色っぽいシミになるのが特徴です)
  2. 下着がくさい(一日中着けていれば、誰でも多少のにおいはするものです。しかし、スソワキガの場合はその度合いが強いのです)
  3. 乳首の周りがくさい(一日着けていたブラジャーがくさい場合、まんこくさい可能性があります。なぜなら、乳首にもアポクリン汗腺が多いからです。乳首がくさい場合、アポクリン汗腺が多い所謂ワキガ体質である可能性があります)
  4. セックスの際に、彼氏からにくさい言われた(性行為中はにおいがより強くなる為、気が付きやすいと言われています。日常生活においてはそれほどにおいがキツクなくても、性的に興奮するとアポクリン汗腺が活発になります)

 

スソワキガのにおいは、人によって個人差があります。よく言われるのが、鉛筆の芯のにおい、かつおぶしのにおい、ねぎのようなにおいです。ワキガと同じようなにおいがすることも多いです。

 

 

スソワキガでなくてもくさいことがある

スソワキガは遺伝的な要素も強く、一般的なケアではなかなかにおい対策ができない場合もあります。

 

また、スソワキガではない場合でも、まんこくさいと感じることもあります。この場合は、正しいケアをすれば比較的簡単に改善することができます。アンモニア臭がしたり、酸味があるようなにおいがしたり。また、イカのようなにおいがする時は、雑菌が増えたことで不快なにおいを放っていることが考えられます。

 

お風呂では予めたっぷりと泡立ててから陰毛が生えている部分を洗い、その後陰部を優しく丁寧に洗うようにしてみてください。また、陰毛が多い場合はきちんと処理するようにするだけでも、蒸れにくくなり雑菌の繁殖を抑えることができるようになります。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ