MENU

生乾きのようなまんこの臭いの原因について

不快なにおいには色々なものがあります。まんこくさいと思う理由は色々ありますが、そのにおいの特徴によって考えられる原因も異なってきます。洗濯物の生乾きのようなにおいがする場合は、雑菌が繁殖している可能性があります。

 

生乾きのようなにおいが更にキツくなれば、今度は雑巾のようなにおいがしてくるようになります。自分でにおいに気が付く人もいますが、中には周囲の人達も気が付くほど強いにおいをさせている方も。しかしながらやはりデリケートな問題なので、周りの人達はにおいに気が付いていてもなかなかそれを指摘することができません。あなたは大丈夫ですか?

 

生乾きのようなにおいがする原因について

生理中はにおいやすい期間でもあります。尿や汗に、経血やおりものなどのにおいが混ざり不快なにおいをさせることもありますし、スソワキガの方もにおいがキツクなりやすい期間でもあります。ナプキンを使用することで、どうしても湿度が高くなり蒸れやすくなります。その為、雑菌が繁殖しやすくなるといったデメリットがあるのです。すると、あの生乾きのような嫌なにおいがすることがあります。

 

こういったことを防ぐ為には、こまめにナプキンを交換することが必要です。生理が終わりがけになると、ナプキンがあまり汚れなくなる為長時間ナプキンを交換しない方もいますが、これは良くありません。雑菌が増えやすくなってしまうので、においやすくなってしまうからです。汚れていなくても、2~3時間したらナプキンを交換することをお勧めします。

 

におい対策について

また、お風呂で汚れをきちんと洗い流し清潔を心がけることも必要です。生理中であれば、お湯で優しく丁寧に洗うようにします。或いは、まんこ専用の石鹸を使って洗ってください。洗う時は、くれぐれも力を入れ過ぎないようにしましょう。予め、石鹸をよく泡立ててから洗うのがコツです。

 

下着類は、是非通気性の良いものを選ぶようにしましょう。締め付けの強い下着を着用するのも、まんこくさい原因となります。また、陰毛が多かったり長かったりすると、そこに経血が付着して不潔になりやすくなります。陰毛は、短めにカットするようにしましょう。こうすることで、洗いやすくなるといったメリットもあります。

 

生理中以外でも注意したいこと

生理中でなくても、雑菌が増えるとにおいやすくなりますので注意が必要です。おりものシートを使って、おりもの対策をするのもお勧め。また、下着や洋服類も清潔なものを身に着けるようにしてください。当たり前ですが、ちゃんと乾いていない下着や洋服を着用すれば、においやすくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ