MENU

まんこが臭いのは病気かもしれません。

誰かに言われた一言。「ねえ、まんこくさいよ……」。それがもし、自分の愛する人からの言葉であったら、凄く傷つくことでしょう。そして、一生懸命ゴシゴシ洗ったり、たっぷりと洗浄力の強い石鹸を使って洗ったりするかもしれません。しかし、これらのケアは大間違い!まんこを洗う時は、絶対にゴシゴシ洗ったり洗いすぎたりしてはいけないのです。洗い過ぎて常在菌を取り除いてしまい、益々においを悪化させてしまう危険があるからです。

 

また、くさいと言われれば、大抵の人が不潔にしているからだと考えてしまいます。しかし、特別不潔にしていなくても、まんこくさくなってしまうことがあります。その不快なまんこのにおいの原因が、実は病気である場合もあるのです。

 

子宮頸がんによるにおい

突然、自分でも分かるほどまんこくさくなった時は、婦人科系の病気を発症している場合もあります。「子宮頸がん」になると、おりもののにおいがキツクなる場合があります。中には、腰やお腹の痛みを伴う場合もありますが、こういった変化が全く感じられない方もいます。いつもとの違うおりもののにおいがしたり、おりものの色が変わった時は、早めに医療機関に行きましょう。

 

性病の怖さ

性病にかかってしまうと、まんこくさくなることがあります。残念なことに、最近は若い女性の感染率が高くなっているとのこと。不特定多数の人と性交渉を行ったり、危険な性交渉を行ったりすると、性病の原因になることも考えられます。

 

健康な人のおりものは、粘り気があって半透明、或るいは白っぽい色をしています。においもそれほど強いものではなく、あっても少し酸っぱいにおいがするだけです。性病にかかると、おりものの状態が変わり、腐ったような強いにおいを放つようになります。

 

黄色やグレーのおりものがたくさん出るようになり、まんこが痒くなったりヒリヒリ感が見られるようになったら、「トリコモナス膣炎」である可能性があります。また、黄色いおりものが大量に出て、おしっこをする際に痛みを感じるようであれば、「クラミジア」である可能性も。発熱を伴い、黄緑色をしたくさいおりものが出る時は、「淋菌感染症」かもしれません。

 

このように、いつもとは異なった色や量、においがあるおりものが続く場合は、病気である可能性がありますので、早めに医療機関に相談してください。放置しておくと、まんこくさいなどといった悩みだけでなく、命に係わることもあります。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ