MENU

まんこくさいのが気になったら病院に行こう

まんこくさいと感じる原因は色々あります。単なる不潔が原因になっていることもあるでしょうし、洗い方に問題がある場合もあります。また、スソワキガである為においに悩んでいる方もいます。他にも、更年期に入ったことで女性ホルモンの量が減少し、膣内に雑菌が増えにおいが強くなっている方もいます。

 

しかしながら、まんこくさくなる原因はこの他にもあり、中には病気が原因になっていることもあります。ですから、においが気になる方は一度病院で相談することをお勧めします。

 

病気が原因でにおっている場合

性病にかかると、まんこくさいと感じるようになる方が少なくありません。性病にかかると、まんこのにおいが変わったりまんこに違和感が感じられるようになります。「トリコモナス膣炎」になると、黄色っぽいおりものや灰色をしたおりものがたくさん出ます。そして、まんこがヒリヒリするようになったり、痒くなったりします。黄緑色のおりものが大量に出て熱も上がるようなら、淋病も疑った方が良いかもしれません。この他にも、性病にかかっているためにまんこがくさくなることがよくあります。

 

中には、まさか私が性病にかかるわけがないと思っている方もいるようですが、性交渉をしている以上、可能性が0であるとは言い切れないのです。また、オーラルセックスでも性病は感染するので要注意!クラミジア感染症やヘルペス感染症、淋菌感染症、梅毒は、オーラルセックスでも移ります。ですから、気になることがある方は、是非一度病院に足を運ぶようにしてください。

 

スソワキガは病院で治療することができるのか?

誰も、好きでくさいにおいを放つまんこになったりしません。でも、親からの遺伝などでスソワキガになってしまう方もいます。両親のどちらかがワキガだった場合、その子供がワキガになる確率は5割とのこと。両親ともにワキガの場合は、その確率は更にアップします。

 

スソワキガを改善する為には、デリケートゾーン専用の石鹸を使ってよく泡立て丁寧に洗うなどの方法もあります。また、汗をかいたらすぐに汗を拭きとるなどのケアもあります。このように色々な対策もあるのですが、更に効果的な改善を目指すなら、病院での治療を検討するのも良いでしょう。方法はいくつかあります。

 

一つは、まんこの汗を抑えることを目的としたボトックス注射です。治療するとすぐに効果が実感できるのがメリットなのですが、およそ半年で効果が無くなるといったデメリットもあります。また、せっかくなら一度の治療でなんとかしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。そういった方には、ビューホット治療がお勧めです。この方法であれば、一度の治療でOKですし、ダウンタイムも短くで済みます。

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ