MENU

まんこが臭いにおいの種類は?

まんこくさいなんて言われたら、女性であれば誰だって激しくショックを受けます。それが分かっているから、彼氏や旦那さんもそれを指摘したりしないのでしょう。でも本当は大好きな彼女の為だからこそ、ちゃんと言ってあげるのが優しさなのかもしれません……。そして、必要であれば良いアドバイスをしたり、病院に行くことを促したり。まんこくさい原因の中には、病気である場合もあるからです。

 

病気が原因のにおい

「細菌性膣症」になると、デリケートゾーンから魚のようなにおいがしたり、魚が腐敗したようなにおいがしてきます。膣内にいるデーデルライン乳酸桿菌が減少した為、雑菌が増殖。これが原因でにおいがしてくるのです。

 

細菌性膣症になると、性交渉をした後に更ににおいが激しくなる方が少なくありません。また、「トリコモナス膣炎」の場合も、生臭いようなにおいがします。この病気は、年齢に関係なく発症します。緑色や黄色で泡のあるおりものが見られ、においと共にデリケートゾーンに激しい痒みがあります。気になることがある方は、早めに病院に行くことをお勧めします。

 

体質や習慣によってもにおう

スソワキガは、ワキガと同じようなにおいがまんこからしてきます。他にも、うどんの汁のようなにおいやねぎのようなにおい、鉛筆の芯のようなにおいがする方もいます。ワキガでありいつも下着に黄色いシミが付く方は、スソワキガである可能性が高いです。またスソワキガは、生理中や性交渉中に更に強いにおいを発します。まんこを清潔にすることが大事なので、デリケートゾーン専用の石鹸を使って丁寧に洗ったりデオドラント製品を試してみるなどしてください。

 

下着類は、通気性の良い綿製がお勧めです。また、クリニックで治療することも可能です。肉類をたくさん食べる方やニンニクやニラなどを好んで食べる方も、デリケートゾーンのにおいが強くなります。におい対策をしたい方は、こういったものを減らしてみるのも良いでしょう。

 

この他にも、洗い方が十分でない為にまんこくさい方もいます。まんこは複雑な仕組みになっている為、恥垢を取り除くのが容易ではありません。石鹸をよく泡立てて優しく丁寧に洗うのがコツ。チーズの腐ったようなにおいがする時は、もう一度洗い方を見直してみることも必要かもしれません。

 

誰でもいつかは通る更年期のにおい

更年期になると、女性ホルモンが少なくなる為、膣内にいるはずのデーデルライン乳酸桿菌が減って行きます。これにより、膣の内で雑菌が増殖してしまい魚のようなにおいがしてきます。また、更年期に入ると尿漏れを経験する方が多く、これが原因でにおう方もいます。気になる方は、尿漏れパッドなどを使って対策をしてみてください。こまめにトイレに行くように心がけるのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ