MENU

まんこが魚臭い原因は?

通常デリケートゾーンは、少し酸味があるにおいがします。ところが病気になったりすると、不快なにおいがしたり強烈なにおいを放つことがあります。魚のようなにおいがしている場合、それは「細菌性膣症」である可能性があります。まんこくさいといっても原因は様々。不潔にしていなくても、においが気になる場合があるのです。

 

細菌性膣症について

細菌性膣症になると、おりものが魚くさく感じられたり、生ぐさいと感じられるようになります。それは下着を下す度に感じられることも多く、酷くなると自分だけでなく周りの人も気が付くようになります。また、外陰や膣に痒みが感じられるようになったり、おしっこをした時に膣がしみるようなこともあります。

 

水のようなさらりとしたおりものが見られ、それは黄色や灰色をしています。結婚している方や恋人がいる方などは、セックスをした後により魚くさくなるように感じている方もいます。

 

細菌性膣症は、体が疲れていたり、過度のストレスがあったり体調が優れないことが原因になることが少なくありません。また、数多くの相手と性交渉を行っている方もなりやすいと言われています。子宮内避妊具(IUD)を使っている方もなりやすい傾向にあります。

 

女性の膣内は、通常「デーデルライン乳酸桿菌」と呼ばれる菌が存在していて、これの働きにより膣中がpH4~5の弱酸性でキープされています。弱酸性に保たれている膣内では、他の細菌が増殖することができませんので良い状態でいることができるのです。ところが、疲労やストレスなどでデーデルライン乳酸桿菌の働きが弱まってしまうと、自浄作用が低下し菌が増えてしまうのです。

 

細菌性膣症を予防する為には

細菌性膣症を防ぐ為には、疲労を溜めないことも必要です。疲労が溜まり免疫力が下がってしまうと、細菌性膣症だけでなく色々な病気になりやすくなります。風邪もその一つです。是非、自分の体を大切にするように心がけてください。

 

また、性交渉をする相手も一名に限定することをお勧めします。他にも、膣洗浄をしすぎないこと、生理中はナプキンをこまめに交換することも必要です。細菌性膣症は、繰り返しやすいと言われていますので注意が必要です。

 

治療方法について

細菌性膣症を治療する方法は、二つあります。一つは、メトロニダゾールなどを内服する方法です。もう一つが、膣内を洗浄し、クロラムフェニコール膣錠などを用いる方法です。こういった治療をおよそ7日間続けます。医療機関で治療すれば治すことができますので、気になる方は一度病院に足を運んでみてください。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ