MENU

かゆみ臭いの悩みも?産後まんこに見られる悩みについて

長い妊娠生活を終えて、無事に出産を終えたお母さんたち。しかし、出産後にデリケートゾーンの悩みを抱える女性は少なくありません。産後まんこに、かゆみ臭いが見られることも少なくありません。原因は色々あるのですが、出産後はホルモンバランスもまだ整っていない状態ですし、免疫力も下がっている為、まんこにトラブルが発生しやすいのです。

 

特に産後一か月間は、免疫力が低下している中疲れている体で赤ちゃんのお世話もしなければなりませんので、トラブルが起こりやすい状態。できるだけ睡眠を摂ったり休むなどして、自分の体を労わるようにして頂きたいと思います。

 

出産後に多く見られるデリケートゾーンの病気

カンジタ膣炎はよくある病気で、決して珍しいものではありません。また、性病でもありません。女性は皆カンジタ菌を持っているのですが、何らかの理由によって免疫力が下がった時にカンジタ菌が増えてしまいます。また、抗生剤を使った時もなりやすい傾向があります。

 

産後の体は疲労が蓄積されており、免疫力も下がっている為カンジタ膣炎になりやすいのです。ヨーグルトやカッテージチーズのようなおりものが見られたり、おりもののにおいが強くなってまんこがとてもかゆいと感じる時は、カンジタ膣炎の可能性があります。

 

他にも、トリコモナス膣炎や細菌性膣症になった時も、かゆみやにおいを感じます。トリコモナス膣炎になると、おりものから不快なにおいがしたりかゆみがするだけでなく、おしっこの際やセックスの際に痛みを感じることも。細菌性膣症になると、おりものが生臭かったり魚臭くなったりします。細菌性膣症を予防する為には、膣内を洗いすぎないようにすることも必要です。

 

悪露のにおい

産後すぐは、悪露の量も多く生臭いにおいもするものです。個人差がありますが、2週間くらい経つとにおいはだいぶ落ち着いてきます。そして、1か月から2か月くらいするとほとんど気にならなくなります。におい対策の為にも、シャワーでよく洗って清潔を保つように心がけましょう。可能であれば、ウォシュレットを使うのもお勧めです。使えない時は、洗浄綿を使用しましょう。

 

かぶれが原因

産後は産褥パッドを使ったりナプキンを使ったりしますが、長時間同じ物を使っていると蒸れやすくなったり雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。産褥パッドやナプキンはこまめに交換して清潔を保てるようにしてください。お風呂では、優しく丁寧にしっかりと洗って、よく拭いてから下着を着けるようにします。くれぐれもごしごし洗うことのないように。また通気性の良い下着を選ぶようにして、あまりしめつけないように注意することも必要です。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ